1. トップページ
  2. ニュース
  3. 「スマート脳ドック」の仕組みを提供するスマートスキャン、 シリーズ B ラウンドで総額 13.7 億円の資金を調達

PICK UP

  • IR情報
  • お知らせ
  • プレスリリース

「スマート脳ドック」の仕組みを提供するスマートスキャン、 シリーズ B ラウンドで総額 13.7 億円の資金を調達

 病院やクリニックのDX推進をサポートするスマートスキャン株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:濱野斗百礼、以下、スマートスキャン)は、シリーズB資金調達ラウンドにおいて総額13.7億円の資金調達を完了したことをお知らせいたします。

 今回の引受先は、NVCC9号投資事業有限責任組合(日本ベンチャーキャピタル株式会社)、株式会社クレディセゾン、株式会社DGベンチャーズ、キヤノンメディカルシステムズ株式会社、UNICORN2号ファンド投資事業有限責任組合(山口キャピタル株式会社)、出光興産株式会社、Aflac Ventures LLC(Aflac Ventures Japan株式会社が投資活動を支援)、個人株主です。

■資金調達概要

・調達金額:     総額13.7億円(2017年2月創業以降の資金調達累計25.3億円、借入金による調達を除く)
・調達方法:     B種優先株式
・引受先:     NVCC9号投資事業有限責任組合(日本ベンチャーキャピタル株式会社)、株式会社クレディセゾン、株式会社DGベンチャーズ、キヤノンメディカルシステムズ株式会社、UNICORN2号ファンド投資事業有限責任組合(山口キャピタル株式会社)、出光興産株式会社、Aflac Ventures LLC(Aflac Ventures Japan株式会社が投資活動を支援)、個人株主
・資金用途:     運転資金

■資金調達の背景と目的

 世界中で高齢化が進む今、予防医療への注目が高まっています。予防医療は、社会全体を活気あるものにするだけでなく、人々のクオリティオブライフを高めることにつながります。いつまでも元気に健康で過ごすためには、自身の健康状態や病気リスクを知っておくことが大切です。

 これまでスマートスキャンは、誰もが気軽に脳ドックを受診できる環境を整えるべく、「スマート脳ドック」サービスの仕組みの構築、クリニックのプロデュースを進めてきました。

 今後、限られた医療資源を有効活用することで地域医療格差をなくし、多くの方の健やかな未来のために、「スマート脳ドック」を中心とした事業をさらに拡大していきます。また、このモデルを国内のみならず海外にも展開し、当社の企業理念でもある「病気にならない世界を作る」ことの実現に向け尽力します。

■今後の事業展開

 「スマート脳ドック」サービスの仕組みを提供するシェアリングエコノミー事業の拡大、移動式健診サービスの本格展開を進めていきます。また、より多くの方に気軽に脳ドックを受診いただけるよう当該サービスおよび周辺情報の発信を強化するほか、将来的には医療データを活用し新たな価値を生み出す事業を展開します。

■スマートスキャン 代表取締役 濱野斗百礼 コメント

 シリーズBにおいても、様々な企業様や投資家様からご支援をいただきました。心より御礼申し上げます。
 スマートスキャンでは、設立からこれまで、ITの力を使いDXを推し進め、仕組を変え、誰でも「脳ドック」を気軽に受診できる環境を整えてまいりました。私たちが提供する「スマート脳ドック」のサービスは、脳血管疾患を発症する前に発見することができ、活力ある長寿社会に貢献できると確信しています。
 当社の理念である「病気にならない世界を作る」と、SDGsの「すべての人に健康と福祉を」の実現に向け、引き続き、みなさんの健康に寄与する事業に邁進いたします。

▼ 詳細はこちらから ▼

「スマート脳ドック」の仕組みを提供するスマートスキャン、シリーズ B ラウンドで総額 13.7 億円の資金を調達(PRTIMES)